明日香村のいま

posted in: 橘舎プロジェクト | 0
明日香村のいま

明日香村の現状は、人口5750人(移住から300人程減少)ほどで、明日香法と景観条例により古の都の風景が守れてきました。
観光収入が主となり、産業がないために人材は大阪へと流出しています。高齢化や放置された多くの空き家、休遊地に悩む田舎の典型的な姿となっています。
ミカン放置畑は2/3、休耕田は1/2となり、村内では若者を見かけません。
観光に力を入れていますが、イベントを増やし建築物の再現をしようとしていますが、感動は何も生まれてきません。
似たり寄ったりで差別化できない地方行政の発想の乏しさが伺えます。村外の多くの方が活動に参加している事で、今日の明日香村が保たれています。
住む人の視点が低すぎるという大きな問題をどのようにクリアするかが問われています。

Comments are closed.